かしわぎみちよのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 首相 政権延命より責任とれ

<<   作成日時 : 2018/03/15 20:12   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 「なぜこんなことが起きたのか」という安倍晋三首相の言葉にあぜんとした。学校法人・森友学園をめぐる財務省による決済文書の改ざん問題。本当に理由が分からないのだろうか。

 首相が「私や妻が関係していたということになれば首相も国会議員も辞める」と昨年2月に国会で述べた。改ざん前の文書では、森友学園と首相夫人の接点を財務省側が認識し、特異な取引をしたと推測される。首相を守るための改ざんだろう。
 2014年に中央省庁の幹部人事を一元管理する内閣人事局が発足した。首相の意向が人事に反映されるようになり、官僚が官邸の意向を忖度するようになったと聞く。安倍政権の長期化でその傾向は強まり、今回の改ざんを招いたのではないか。
 不誠実な国会答弁を繰り返した佐川宣寿・前財務省理財局長は重用され、後には国税庁長官になっている。報道がなければ真実は埋もれたままだった。
 首相は日頃から「美しい国、日本」を標榜している。財務省や理財局の一部職員に責任を押し付けて政権の延命を図るのは、美しい振る舞いとは言えまい。公文書改ざんという前代未聞の不祥事の責任を、行政府の長が取ることが「美しい日本」のあるべき姿だと思う。

     3月15日付朝日新聞「声」より
          徳島県 65歳 男性


画像

 今、声あげるとき
14日夜、若者らが安倍内閣の総辞職を求めて、官邸前行動を行いました。集まった参加者は「安倍はやめろ」「ウソをつくな」とコールしました。

 私も、首相官邸前行動に行きたいという気持ちが、ふつふつと湧いてきましたが、残念ながらまだ議会の真っ最中です。今、声をあげるときです。安倍政権を絶対やめさせるために地域から、声を大きくしていくべきだと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
首相 政権延命より責任とれ かしわぎみちよのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる