かしわぎみちよのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 小指の爪先

<<   作成日時 : 2017/11/26 09:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 沖縄本島を貫く国道58号をひたすら北上すると、赤瓦の小さな集落が見えてきた。国頭(くにがみ)村の「奥(おく)」地区。その名のとおり、山と海に囲まれて190人ほどが暮らす地は2週間前、大騒ぎになった。ダンプカー約50台が押し寄せてきたからだ。

 名護市辺野古の埋め立てを急ぐ政府が、陸に加えて海からの石材搬入を計画。船への積み込み場所に選んだ。「区民総会まで待って」という地元の訴えは顧みられず、港では怒号が飛んだ。寝転んで抵抗した住民は、警官に排除された。
 沖縄に集中する基地負担の重荷を本土もわが事としてほしいと、沖縄の人は「小指の痛みは全身の痛み」と訴えてきた。日本が全身、沖縄が小指ならば、辺野古や高江、奥は小指の爪先だろう。
 日本の端っこの、そのまた端っこに国策という火の粉が降りかかり、国の力業に住民は振り回され、分断される。そんな理不尽が度重なってきた。「小さな集落で、反対する人としない人が互いを批判することがないように。それが一番の望みです」。奥地区の糸満盛也(いとまんもりや)区長の口は重かった。
 陸の孤島だった奥までバスも走れる道が通じたのは、ようやく1960年代になってから。そして米軍基地の「核抜き本土並み」を掲げた72年の祖国復帰で、道は国道58号となった。
 その総延長は884キロ。奥から先は海を越え、奄美大島や種子島を経て、鹿児島市に至る。本土と沖縄。見えない道がつながっている。では「小指の痛みを」との思いはつながっているだろうか。
   11月26日付 朝日新聞「天声人語」より


画像

    沖縄北部を走る国道58号線

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小指の爪先 かしわぎみちよのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる