かしわぎみちよのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分自身の言葉

<<   作成日時 : 2015/09/23 13:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 何度も日比谷の集会や国会前に通った。心に残っているのは若者たちの言葉だ。「どうしてこうして行動するのかって?僕の国のことだからです」
 
「私は殺されたくない。殺したくない。そしてだれかの犠牲のうえに自分が利益を得ることもしたくない。平和を築くことが難しいことは知っている。それでも私はその努力を続けたい」。聞いている参加者には泣き出す者もいた。

 そこで発せられていたのは、この国の、この時代に生きる「当事者」としての自分自身の言葉だ。言葉には魂が宿ると言うが、それは真実だと思う。とりわけ「当事者」として主体性を持った言葉には魂があふれ出て、多くの人の心を揺さぶった。その言葉の思いを受け取った人々が、また自分の言葉で表現し行動を起こし始めた。

 空前の戦争立法反対の運動は、この国の「当事者」「主権者」としてのやむにやまれぬ一人ひとりの思いの発露が全国に広がったものだ。

 戦争立法が国会で成立したとき、若者も私たちも絶望しなかった。この国の主権者は自分たちであることを、自分自身の言葉は多くの共感と安部政権打倒への力を生み出すことを、そのときは実感していたから。
 「民主主義って何だ?」「これだ!」

     9月23日付 しんぶん赤旗 「朝の風」より


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自分自身の言葉 かしわぎみちよのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる