かしわぎみちよのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の未来

<<   作成日時 : 2014/11/04 11:20   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 自分のことだけに気を配るのではなく、だれかの役に立とうとする人が増えている。最近発表された日本人の国民性調査でわかりました。前回08年の調査より10ポイント近く伸び、「自分のことだけ」を初めて上回りました。

 未曽有の震災を経験したことで助け合う姿がひろがった、との分析も。若者も同様な傾向をみせますが、同じ調査のなかでは「努力しても報われない」と答えた人も増えていました。

 赤旗まつり2日目の若者広場。日本共産党の20代、30代の地方議員や候補者、約60人が一堂に。1人ずつ壇上に上がり、自己紹介と短いメッセージ。元気よく声を張り上げる人、穏やかに話す人…。自分の言葉で自身や党のことを語りました。

 若者が使い捨てられる社会を変えたい、弱者に冷たい世の中をなんとかしたい、みんなの笑顔や命を守りたい。共通しているのは、自分をふくめ、困難にあっている人たちのために立ち上がったこと。

 経歴はさまざま。料理人、介護や保育、建設現場やアルバイトを転々とした人も。壇上で聞いていた山下書記局長は「みんな、時代に鍛えられ、変革する立場に。住民が主人公の日本に変える世代の代表」

 通じ合いは、共産党に出合って自分が変わったことも。原発や福祉、平和に関心をもったとき、政治に不信と絶望を抱いたとき、そこに共産党があった、と。「この党を大きくすることに日本の未来はかかっている」(志位委員長の記念演説)。まつり参加者全員の思いも、そこにこめられています。
         しんぶん赤旗 11月3日付 潮流より


画像

   山下書記局長と記念撮影する青年議員・予定候補者

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本の未来 かしわぎみちよのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる