かしわぎみちよのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS タイヤが空を飛んでから

<<   作成日時 : 2018/07/04 10:52   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 本木克英監督の「空飛ぶタイヤ」がヒットを続けている。池井戸潤氏の小説で初の映画化作品。母親を、走る自動車から外れたタイヤが直撃した死亡事故から、旧財閥系の大手自動車会社の闇が明らかになっていく。

 事故の責任を問われた運送会社社長・赤松は、「俺が闘わなくて誰が闘う!」と真相を求め続ける。赤松にふんした長瀬智也は、80人の社員を背負い、苦渋が漂う役どころをスクリーンに焼き付けた。
 彼と『対決』する位置にある自動車会社の課長役のディーン・フジオカ。自動車会社への融資を考察する銀行員の高橋一生。赤松を補佐しながら鋭い言葉も吐く専務の笹野高史、当初整備不良を疑われた整備士の阿部顕嵐…。豪華で多彩な出演者が見事なアンサンブルを響かせる。
 重量のある原作から飛び立った映画はちょうど2時間。池井戸氏は、「美しくまとまった短編」を見たような感じがした、と映画のパンレットの監督との対談で述べている。
 1人の命が奪われたという事実が、人の心を突き動かし、巨大な闇を照らす。〈あなたならどうする?〉というスクリーンからの問いを受け止めながら、サザンオールスターズの主題歌「闘う戦士たちへ愛を込めて」がさらに胸を揺さぶる。
     7月4日付 しんぶん赤旗「朝の風」より


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
タイヤが空を飛んでから かしわぎみちよのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる