かしわぎみちよのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「世界中の子どもみんなに平和と幸せを」

<<   作成日時 : 2017/12/03 10:43   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 世代を超えて愛され続ける画家・いわさきちひろ。2018年に生誕100年を迎えるにあたり、その人生と画業の歩みを紹介する「ちひろの歩み」展が開催中です。(ちひろ美術館・東京で、来年1月31日まで)

 代表的な作品がずらりと展示され、その生涯を豊富な資料でたどることができます。訪れた人からは「かわいい絵に癒やされ、小さな命を大切にしなければという気持ちになった」などの感想が。今月17日には入館無料の感謝デーが開催されます。
 青春時代を戦争の中で過ごしたちひろ。戦後、命がけで戦争に反対した日本共産党に出会い、入党します。自らの生き方に誇りを持ち「共産党員だからこそ、やさしく美しい絵が描ける」と語っていたそうです。
 ベトナム戦争への怒りを込めた絵本『戦火のなかの子どもたち』は、母親や子どもの厳しいまなざしが印象的です。翌年、ちひろはこの世を去ります。その2年後の1976年に、平和と核兵器廃絶の願いを込め、原水爆禁止日本協議会の呼びかけで「ちひろカレンダー」が誕生しました。
 「世界中の子どもみんなに平和と幸せを」と願い続けたちひろ。その絵は「こんなにかわいい子どもたちに悲しい思いをさせないよう、力を合わせましょう」と語りかけているようです。
 憲法改悪の動きが強まり、子どもをめぐる事件も後を絶ちません。今ちひろが生きていたら、どんな絵を描いたことでしょう。作品に託されたメッセージに心を傾け、未来に伝え続けていきたいものです。
    12月3日付 しんぶん赤旗コラム「潮流」より


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「世界中の子どもみんなに平和と幸せを」 かしわぎみちよのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる