かしわぎみちよのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 辺野古の海きれいなままで

<<   作成日時 : 2017/11/16 15:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 私は4年前に父の転勤で沖縄県へ引っ越し、2年前に大阪へもどってきました。沖縄では、家や学校の上を普通にオスプレイが飛んでいて、本当に驚きました。そして今、大阪はとても静かな生活環境なんだと改めて感じています。

 先日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設に向け、名護市辺野古で新たな護岸工事が始まったという記事を読みました。
 辺野古の海には希少サンゴや国の天然記念物のジュゴンなどが生息しており、埋め立ててしまうと、もともとすんでいた生物たちがすめなくなってしまいます。
 普天間の周辺には民家がたくさんあり、オスプレイの騒音や墜落の恐れなど地元の不安は大きいと聞きます。確かに移設すれば、こうした不安もなくなります。しかし、辺野古に基地を建設してしまったら、もう海は戻ってこないのです。
 私は、基地を移設するのではなく、なくしていけばいいと思います。そうすれば、みんなも安心して暮らせ、海の生物も今まで通りに住むことができ、自然環境が守られるはずです。
 私は、沖縄のきれいな海をこれからもずっと残したいと考えています。

    11月16日付 朝日新聞「声」より
      大阪府 15歳 女子中学生


画像

   辺野古・大浦湾のサンゴ礁に群れ遊ぶクマノミ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
辺野古の海きれいなままで かしわぎみちよのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる