かしわぎみちよのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「嫌がる質問」と「聞く力」

<<   作成日時 : 2017/06/14 10:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 嫌がっている人に嫌がっている質問をすることは、本当に気が重い。聞いて書く仕事をしてウン十年になるが、できれば先方の機嫌を損なう質問はしたくないといまだに思ってしまう。

 そんな己を深く恥じたのは、「報道ステーション」(朝日系)で、加計学園問題について、管義偉官房長官を追求する記者の姿を見たときだ。その映像は他の報道番組やワイドショーでも繰り返し流れたが、それまで突っ込みが弱いとしか見えなかった記者たちが、無表情に同じ答えを繰り返す官房長官に食い下がっていた。
 ある女性記者は、事務方に「同じ質問を繰り返さないように」と言われても、「きちんとお答えいただけてないと思うので繰り返し質問しています」とひるまない。きっと怖いだろうな、でも、ちゃんとやるべき仕事をして、あっぱれ。
 続いて流れた、自由党の森ゆう子議員の「聞く力」にも刮目した。山のような資料を手元に置いて、文科省の役人に「嘘つかないでください」と迫り、義家弘介文科副大臣に「信用されてないんですよ」と言い放つ。聞いているだけで、こちらの頭がぐるぐるしてしまう総理や大臣の答弁に比べて、森議員の言葉は実に明瞭で、国会議員は国民の代表だと思い出させた。
 普段は見ない「日曜討論」(NHK)も、森議員が出演したので見ることに。「国家戦略特区の規定には利害関係者は排除するとある。利害関係者ばかりじゃないですか」と森議員。司会者が途中で発言を遮る場面もあったが、リテラシーが高くなっている視聴者にはいろんなことが伝わっている。 (ライター・島崎今日子)

      6月14日付朝日新聞 コラム「キュー」より
画像

管官房長官に食い下がっていたのは東京新聞の望月 衣塑子記者です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「嫌がる質問」と「聞く力」 かしわぎみちよのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる