かしわぎみちよのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大切なのは自由にものを言うこと。

<<   作成日時 : 2016/07/24 20:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 いくつもの肩書の持ち主でした。12日に亡くなった大橋巨泉さん、82歳。司会者、放送作家、ジャズ評論家、実業家等々。テレビ創成期の立役者だったことは誰もが認めるところです。

 1966年に始まった「11PM」。構成作家として参加し、司会も引き受け巨泉さんの名を一躍広めました。夜のワイドショーと銘打ったものの、企画は試行錯誤。男性路線に「低俗」との批判も受けました。

 番組の軸足が定まったのがベトナム戦争報道。68年のことでした。昼に飛び込んできたニュースをもとにして、その夜、生放送の報道特番に。「ボクにとって最大の転機だった」と振り返っています。

 7日に逝った永六輔さんとは親交が深い。共通するところが多くあります。放送作家として出発。巨泉さんは遊び心を、永さんは旅心を思いっきり番組に込めました。自分の言葉を持ち、社会や政治への旺盛な批評精神。放送がジャーナリズムであることを身をもって示しました。

 2人は戦争中に学童疎開を体験した「昭和ヒトケタ世代」です。平和憲法のもとで反戦を訴えました。大切にしてきたのは、自由にものを言うこと。放送が権力に対して黙ってしまう今の空気に危機感を持ちます。

 「ラジオのスタジオに通い、憲法改正に立ち向かいたい」とエッセーに書き残した永さん。巨泉さんがこん身の力を込めた「遺言」が週刊誌に掲載されています。「安倍政権に一泡吹かせて下さい」。政権によるメディアへの圧力をはね返そうと呼びかけています。
       7月24日付 しんぶん赤旗 「潮流」より

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大切なのは自由にものを言うこと。 かしわぎみちよのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる