かしわぎみちよのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄の誇りと尊厳

<<   作成日時 : 2016/01/23 16:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 温暖な沖縄県にはめずらしく強い寒気と横なぐりの雨がようしゃなく襲いかかる悪天候の日でした。24日投票の沖縄県宜野湾市長選。普天間基地の移設条件なしの閉鎖・返還、3年以内の爆音停止、辺野古への新基地建設反対を公約にかかげるシムラ恵一郎候補の街頭演説。

 応援に「オール沖縄」の翁長雄志県知事、稲嶺進名護市長がかけつけました。異口同音にでたのが「沖縄の誇りと尊厳」の言葉です。翁長知事は昨年の政府との集中協議で沖縄の苦悩の歴史を訴えたとき、ただうつむくばかりの安倍首相の姿を紹介。その政権が普天間基地を脅しに使って新基地を建設しようとする動きを批判。「日本の民主主義、県民の尊厳にかけて必ず勝ち抜こう」と。稲嶺市長が続きました。「安倍首相は一昨年の沖縄の三大選挙での[基地ノー]の民意は一顧だにしない。沖縄から変えよう」。沖縄取材を続けて20年、選挙でこれほど県民の誇り、尊厳が問われた経験はありませんでした。
 吹き付ける雨をぬぐうこともせず熱く語る3人の訴えに、指笛で傘を振って応える聴衆。その目に光る涙と強いまなざしに、県民の希望と譲れない信条を見ました。
「うちなんちゅ、うしぇて~、ならんど~(県民をないがしろにしてはならない)」
       1月23日付 しんぶん赤旗 「まど」より


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
沖縄の誇りと尊厳 かしわぎみちよのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる