かしわぎみちよのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS デモや選挙で考えを表そう

<<   作成日時 : 2015/11/12 12:11   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

安保法制に反対する原宿デモのスピーチ 11月8日
              男子高校2年生 17歳
 なんで今僕はここでこうしてデモをして、みんなの前でスピーチをしているのでしょうか。それは国民の命を平気で投げ出そうとしている今の政権と法律があるからです。そんなものがある限り、無関心でいることができるでしょうか。僕にはできません。

 無関心であるということは、若者を殺し殺されるかもしれない戦場に送るのを見過ごしているということです。それは紛れもなく人殺しの片棒を担ぐことだと思います。だから僕はこうしてデモをしているのです。
 僕たちは今まで、何千何万回も「憲法を守れ」と国・権力者に訴えてきました。みなさんが憲法について向き合う夏だったと思います。でも、現政権は立憲主義という当たり前のことすら守れません。「どこの独裁国家だっ」ていう感じです。

 そして僕は、今選挙権がほしくてたまりません。なぜならこの夏僕は、自分の力の弱さと歯がゆさと屈辱に唇をかみ、涙を流したからです。
 7月15日、学校から帰ってきてテレビで衆院特別委員会の強行採決を見ました。そして、「自分がやっていることで何が変わるのか。何も変わらないんじゃないか」と思ってしまい、その日は国会前に足が進まず、家で無力感に打ちひしがれていました。
 僕は今17歳です。来年選挙できる人が本当にうらやましいです。クラスメートの半数くらいは来年に選挙権をもっているんじゃないかと思います。ですが、やはり、みな口々にいうのは、戸惑いの声です。「どこに入れていいのか分からない」「行くのが面倒くさい」
 だけどこれは、僕がその人と、選挙や政治との橋渡しになれるチャンスだと思います。分からないことを聞くのは恥ではありません。周りの人にどんどん聞いていってください。そして自分の考えをデモや選挙で表してください。周りの人は知らないことをバカにしたり、その人の意見をないがしろにしてはいけません。そうして知的好奇心はなくなっていくからです。

 多くの高校生がいま、見えない苦しみとたたかっていると思います。学校ではいじめはなくならず、競争教育で他人と比べられ、大学でかかるお金は年々増加し、それでも大学に行かないと「ちゃんと安定した職に就けない」と脅される。
 でも現実は大学に進学した2人に1人が非正規雇用です。残業代ゼロで文字どうり死ぬまで働かされます。責任は正社員と同じでも賃金は半分以下です。
 残念ながらこうした労働は高校生のバイトにもひろがっています。(1分単位で賃金を計算しなければならないのに)15分単位の賃金計算。皿を割ったりしたら発生する罰金。多くの高校生はこういう苦しみをもっていると思います。
 たしかにそういう人たちに「デモに参加して」とか「安保法制学べよ」とかいうのは難しいと思うけど、そういう人たちが学んでいかないと社会的弱者となってしまう。それに甘んじたらもっと悪くなってしまいます。そうならないために、僕らはデモなどをして声を上げていきたいと思います。



チューリップの球根を植えました。去年より一週間早いです。寒い冬に耐えて、来年春に咲くのがとても楽しみです。
画像
   写真は、今年の春に咲いたチューリップです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
デモや選挙で考えを表そう かしわぎみちよのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる