かしわぎみちよのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「私たちはこの無謀な政権を倒すまであきらめません」

<<   作成日時 : 2015/09/18 15:41   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 「国会は立法するところで、政府に白紙委任を与える場ではない」。地方公聴会の席で野党が推薦した弁護士の水上貴央さんが痛烈に批判しました。
 ここまで重要な問題が審議で明確になった状態で法案を通すならば、国会の存在意義はない。単なる多数決主義で民主主義ではない。与党の議員が委員長席を取り囲む異常な状況下で強行採決された戦争法案。水上さんの叫びは、その光景を見た多くの思いと同じでしょう。

 安倍政権が集団的自衛権の行使容認を閣議決定してから1年2カ月。“戦争する国づくり”に暴走する政権に対して、私たちは言い続けてきました。国民の声を聞け―。それは、日本中から、全階層から、わき起こりました。

 直近の世論調査を見ても「今国会の成立反対」「審議は尽くされていない」の世論は圧倒的多数。耳を傾ける、ていねいに説明すると何度も口にしながら、裏腹に主権者の声を無視して突っ走る。そんな安倍首相の姿は独裁者さながらです。

 いまも雨の中、国会前や全国各地で一人ひとりが心の底からしぼり出す「NO」の叫び。雨がっぱの幼子を両手に引いた若いママは「この子たちを守るためにも自分の声を国会に届けようと。私たちは廃案まであきらめません」

 前政権の失政やゆがんだ選挙制度によって国会の多数を握った自民、公明の与党。選挙の争点にもしなかった戦争法案を国民からかけ離れたまま強行する。列島をつつむ怒りの渦は、さらに激しく、大きく。この無謀な政権を倒すまで。

      9月18日付 しんぶん赤旗 「潮流」より


画像

戦争法案の強行に曼珠沙華も怒りで真っ赤になっています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「私たちはこの無謀な政権を倒すまであきらめません」 かしわぎみちよのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる