かしわぎみちよのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 心を揺さぶる訴え

<<   作成日時 : 2015/07/22 13:55   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 学校で月曜日の朝礼のたびに聞いたはずの校長先生の話。数百回分のうちひとつも覚えていないのはなぜだろう?生きるのに精いっぱいで過ぎ去った出来事のほとんどは忘れてしまう。それでも子どもの頃の体験や最近の出来事で印象に残っている記憶もある。

 思い起こすことのできる記憶に共通するのは、たぶん心を揺さぶられた感情と結びついた記憶だ。鮮明な記憶は、その出来事を経験したとき、あるいは聞いたときに感じた驚きや喜び、悔しかった思いなどとともに一つの映像として思い起こすことができる。
 講演会で聞いた話も時間がたつと理路整然とした理論的な話はすっかり忘れてしまうけど、語った人自身の思いのこもったエピソードなどは後になっても覚えているものだ。聞くものの心の琴線に触れたからだろう。
 戦争立法反対の宣伝でマイクを握るとき、一人でも多く行き交う人の心に届いてほしいと願う。少しでも人々の心に留めてもらうため、自分の心を込め政府への怒りの感情や自分なりの9条への熱い思いを語るようにしている。
 分かりにくい法律の理不尽さは理屈だけでは十分に伝わらない。心を動かし記憶にとどめてもらうためには、訴える側の心と感情も必要だと思う。
     7月22日付 しんぶん赤旗「朝の風」より

 戦争法案反対の若者たちが、国会周辺だけでなく、全国規模で行動をおこしています。彼らの演説で特徴的なのが、スマホを見ながら訴えているということです。これは今までなかった行動です。
 若者たちの怒りや、平和への思いがストレートに伝わってきます。

画像
    スマホを見ながら訴えるSEALDs(シールズ)の若者

 私も人の心を揺さぶるようなそんな話をしなくてはと思いつつ、これがなかなかむづかしいのです。
 24日、定例の街頭宣伝です。私はスマホで演説はできませんが、戦争法案を絶対に廃案に追い込もうと、心を込めて訴えたいと思います。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
心を揺さぶる訴え かしわぎみちよのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる