かしわぎみちよのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 反戦 筆に込めた

<<   作成日時 : 2015/07/19 22:48   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 「アベ政治を許さない」ー。安全保障関連法案が衆院を通過してから初めての週末となった18日、各地で同じメッセージが書かれた紙が掲げられた。ノンフィクション作家の澤地久枝さん(84)やジャーナリストの鳥越俊太郎さん(75)らが呼びかけ、午後の一斉行動につながった。

 「アベ政治を許さない」の文字を書いたのは、俳人の金子兜太さん(95)だ。「どれだけ頼まれても、戦争は二度と行きたくない」
 終戦の前年、海軍の主計中尉として南太平洋・トラック島に赴任した。手製手投げ弾の実験が失敗し、目の前で行員の腕が吹き飛び、背中がえぐれた。即死だった。「これからの人たちに同じ経験をさせてはいけない」。その思いを筆に込め、一気に書き上げた。
 「許さない」と書きつつも、米国に「夏までに成立する」と約束し、法案成立へとひた走る日本の首相の言動をみると、「気の毒にも思える」という。「でっち小僧が旦那になだめられたり、引っぱたかれたり、時々菓子をもらったりして、いいようにされている姿を想像してしまう」
 揮毫(きごう)は旧知の作家、澤地久枝さんから6月上旬に依頼された。色紙を受け取った澤地さんは「素晴らしい迫力だった」と感激してくれた。
 金子さんは自分の文字が揺れるデモの光景をテレビで目にし「『反対』の声はじわじわ効いてくるはず」と感じている。
      7月19日付 朝日新聞より


画像
   京都市円山公園音楽堂では4000人が掲げた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
反戦 筆に込めた かしわぎみちよのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる