かしわぎみちよのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 安保法制 子どもの将来心配

<<   作成日時 : 2015/03/24 19:19   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 小学3年生の長男は、日本の歴史に夢中だ。昨年のクリスマス、学習まんが「日本の歴史きのうのあしたは…」全7巻セット(朝日学生新聞社)を夫と私がプレゼントしたからだ。特に近現代史に興味津々で、仕入れたばかりの知識を披露する。

 先日は太平洋戦争末期の学童疎開について言った。「都市部の小学3年生以上は地方に疎開をしていたんだよ」。確かに、1944年夏以降、国民学校初等科(現在の小学校)3〜6年生の集団疎開が始まった。
 「もし今が戦争中だったら、お父さんやお母さんと離れて暮らすことになるよ」と私が答えると、自慢げに言い返した。「大丈夫。日本は憲法で戦争をしないって決めたんだよ」

 しかし現実はどうだろう。集団的自衛権の行使を容認した昨年の閣議決定基づき新たな安全保障法制の大枠に与党が20日合意した。自衛隊の海外活動を範囲・内容とも大きく広げるという。「普通の軍隊」に近づいていくことに強い不安を覚える。

 今の子供たちが疎開するような事態はないかもしれない。しかし近い将来、彼らが戦場に赴き、人を殺めることがないと言い切れるだろうか。母親として、有権者の一人として、目を光らせていかねばならない。

     3月24日付朝日新聞 「声」より 
            京都府 42歳 女性

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安保法制 子どもの将来心配 かしわぎみちよのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる