かしわぎみちよのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 原発再稼働への暴走を止める年

<<   作成日時 : 2015/01/07 10:48   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 安倍政権は国民多数の原発反対の世論を無視して、再稼働に躍起となっています。
 総選挙後も安倍首相は「原子力委員会が、再稼働に求める安全性を確認した原発は、再稼働を進める。」と表明、強行の構えです。今年はこの暴走を止める大きな一年となります。
 9日の金曜日には、131回目の反原発徳島駅前行動が、午後6時から行われます。みなさんも来てくださいね。

画像


 しんぶん赤旗 1月7日付 「潮流」を紹介します。

 こんなエピソードがあります。ある原発の宣伝をしている電力館を見学した小学生が質問しました。説明員から、原発の燃料ウランは五重の壁に囲まれているから安全だと聞いた後です。

 燃料棒や圧力容器といった一つ一つの“壁”について、それが壊れたらどうなりますか、とたずねていきます。そして、最後の壁となる建屋が壊れたらと聞くと、その説明員は怒り出し、「建屋は壊れません!」と言ったといいます。

 宇宙物理学者の池内了(さとる)さんが、自著『核を乗り越える』のなかで紹介しています。これまで原発は安全であると信じ込まされてきた私たちへの警鐘をこめ、子どもの方が安全神話にとらわれていなかった、思考停止になるな、と。

 昨年、新潟にある柏崎刈羽原発の見学会に参加しました。東京ドーム90個分の広大な敷地を車で一周。海抜15メートルの防潮堤、電源車や消防車の配備など、いかに万全な対策をとっているかという説明が延々とつづきました。

 きのう東電の社長が同原発の地元を訪れ、安全性をPRするために住民見学会を提案しました。再稼働に向けた地ならしですが、そこには、いまも収束の見通しさえつかず、ふるさとを追われた住民の苦しみがつづく福島原発事故への反省も痛みも感じられません。

 池内さんは先の著書で問いかけます。ヒロシマ・ナガサキ、ビキニ事件、そしてフクシマと三度まで核の災厄を背負った日本は、ほんらい核廃絶の先頭に立つべきではないのか、負の遺産を未来に押し付けるのか、と。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原発再稼働への暴走を止める年 かしわぎみちよのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる