かしわぎみちよのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 花のくやしさ

<<   作成日時 : 2015/01/17 12:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

 「くやしい」と題された詩はとても短い。〈砕けた瓦礫に/そっと置かれた/花の/くやしさ〉。神戸市に生まれ、20年前の今日被災した詩人の安水稔和さん(83)は、それからずっと、神戸の町と、生きる、人々を言葉にとどめてきた。

 「泣く」という詩は〈ここにいる人は/一度は泣いている。/あのとき/すぐに。/あのあと/ずいぶんたって。/このあと/いつか不意に。〉で全文。難しい言葉は一つもないが、大切な人を失った悲嘆の深さや、消えぬ追慕への想像を、読む者の心に呼びさます。

 20年は節目ながら、区切りにできる人ばかりではない。そんな心のさまが、本紙と関西学院大の調査に表れていた。回答者の半数以上は、亡くした家族を今も「どうしょうもないほど恋しく、いとおしい」と感じている。

 4人に1人は、いまでもどこかで生きていると考えることがあるという。街は歪み、壊れたが、人の命こそかけがえがない。悲しい記憶を塗り込めるように都市は復興しても、人の心が追いつかない。

 阪神・淡路大震災の犠牲者は6434人を数える。日々の明け暮れのなかで、いまも不意の涙、嗚咽がこみ上げる遺族はおられよう。想いを寄せて、きょうは静かに祈る日としたい。

 これから先は、記憶を伝え続けることが一層大事になる。3月の東日本。10月には中越。震災だけではない。伊豆大島、広島……瓦礫にそっと置かれた花のくやしさは、どこも同じだった。その悲劇を、また繰り返さないために。

  1月17日付  朝日新聞 天声人語より

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
花のくやしさ かしわぎみちよのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる