かしわぎみちよのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 辺野古の海

<<   作成日時 : 2014/10/27 16:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 澄み渡る海、希少なハマサンゴに戯れる真っ青なルリスズメダイ…やはり、辺野古の海はきれいでした。
 ある会議で沖縄を訪れ、県連会長を務める沖本興真さんの平和丸に乗船しました。自然豊かな海域を海抜10メートルまで広範囲に埋め立てる米軍新基地建設の現場を航行し、改めてその罪深さに憤りました。

 埋め立てに必要な土砂は10トンダンプで350万台分。日本共産党の渡久地修県議は「そのダンプを1台ずつ数珠つなぎに並べると那覇から札幌まで6往復する」と話していました。

 壊されるのは自然だけではありません。地元の人々が先祖代々受け継いできた習わしまで踏みにじるのです。
 ガイド役の宮城康博さんは「正月には辺野古の海で捕った魚介類を神棚にお供えする。大潮になり、潮が引いた浅瀬ではサザエやタコ、貝も捕れる。魚がわく豊かな海、戦時中の飢えをしのいだ命の海。そこを埋め立てようとしている」と語っていました。

 こうした理不尽な基地建設を阻止すべく、平和丸には新たに音響設備が設置されています。沖本さんは「二人でお酒を」や「瀬戸の花嫁」を流して周囲を和やかにします。しかし、締めくくりの歌は「沖縄を返せ」でした。海上に響き渡る[オール沖縄]の決意です。

   10月27日付    全国商工新聞より

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
辺野古の海 かしわぎみちよのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる